スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京商工リサーチ 新潟支店

東京商工リサーチからの電話東京商工リサーチから電話がありました。初めて受けたもので、戸惑っていますのでこの対応でよかったのかお聞かせ下さい。内容は住所、電話番号、ファックス番号、役員名、監査役名、仕入先、従業員数などを確認されました。住所から監査役までは調べてあったのか、「○○でよろしいですね。」との事でした。仕入先は金額の大きいものを2つ教えました。メインバンクも教えました。決算期の売上なども聞かれましたが、分かりかねますと答えました。(決算書が手元になかったのと、本当に知らなかったもので)どこまで答えても良かったのでしょうか?答えないほうが良かったのでしょうか。またこの電話が意味するものと

東京商工リサーチから毎年財務状況を確認するための企業情報調査票が郵送されてきます。そういう会社は多数あると思いますが、皆さんはこれ記入して返信していますか?私はこれを一方的に送り付けてきてまるで義務かのように電話で「


上場34社が倒産した08年。そのうち不動産関連が24社にのぼっていたが、09年最初の倒産劇も不動産絡みだった。東京商工リサーチ 情報部統括部長の友田信男氏が言う。「マンション販売業者の倒産が1月から3月にかけ急増する恐れがあります。マンション業界


日本経済新聞
民間調査会社の東京商工リサーチによると、2008年に希望退職を募った上場企業は公表ベースで68社に上り、前年比13.3%増加した。前年を上回るのは2年連続。景気の悪化で人員削減に踏み切る企業が増えた。同社によると、今年は既に20社近くが希望退職を発表しており、今後 ...300


スポンサーサイト
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。